VIEW MORE

LANDING PAGE ランディングページ制作

目的を明確にして
成果に特化したLPを制作します。

商品の購入やお問い合わせなど、訪問ユーザーを誘導することに特化した縦長の1ページ完結型のWEBサイトをランディングページ(LP)と呼びます。LPは商品・サービスの概要やベネフィット、お客様の声といった共感コンテンツなど購買を促進する情報がコンパクトにまとめられているので、訪問ユーザーに対して目的の行動を起こさせることができます。

LP制作で大切にしたい3つの視点

  • STEP
    01

    ターゲット像を定める

    性別、年齢、職業、年収、居住地、家族構成、性格、趣味などでセグメント分けを行い、ターゲット像を設定することでポジショニングを明確にする

  • STEP
    02

    ストーリー性を意識する

    ターゲットがどういった課題を抱えていて、
    サイトに来た時にどういった心理変化を経ていくのかを意識し、
    的確にニーズに応えるコンテンツを用意

  • STEP
    03

    また閲覧したいと思われる価値

    LP運用後は、実際に訪問されたユーザーと当初想定していたターゲット層の整合性を分析し、コンテンツの中身をブラッシュアップする

  1. 策定

  2. 注意
    興味
    欲求
    成約

  3. 拡大

AIコミュニケーションの
ランディングページ(LP)制作

貴社の事業目的を達成できる、成果に特化したランディングページを制作します。

アクション成果に特化

ランディングページの一番の目的は訪問ユーザーにアクションを起こさせることです。LP内での行動はお問い合わせ、商品購入、資料請求などが主な行動パターンになります。コンバージョンさせるためのボタンやバナーのデザイン、配置などを意識してユーザーに対して自然な誘導を行います。雰囲気やビジュアルだけ良くても、コンバージョン行動を起こさせなければLP制作の本来の目的は達成できません。AIコミュニケーションは目的を達成するためのアクション成果にコミットするLPを制作します。

ターゲットに刺さるライティング

LPのコンバージョン目的を達成させるために必要な要素として、ターゲットに刺さるライティングが挙げられます。AIコミュニケーションでは、専任のライターによる質の高いライティングを行なっています。また、良質な文章やキャッチコピーがユーザーの目に留まるようなデザインにもこだわり、よりターゲットに刺さる工夫を凝らします。

AIDMAの法則

マーケティング分野でもよく耳にする「AIDMA」。この法則に基づいて制作することで、よりユーザーからアクションを起こしてもらえるランディングページになります。ページの上部から下部にかけて、(認知・興味、関心・欲求・記憶・購買)というストーリー性を意識してそれぞれの要素をデザインに落とし込んでいきます。